UZUZ COLLEGE CCNAコースのサービス説明

圧倒的な講座内容・サポート体制、そして料金も安いCCNAスクール
uzuzcollege_ccna
講座内容 サポート
講師 料金
無料説明会
無料カウンセリング
あり
(スクール入校前に、無料説明会への参加や無料カウンセリングが受けられます) 
学習期間 (最短)1ヵ月~3ヵ月(最長)
おすすめ年代 10代・20代・30代
対象エリア 全国
オンライン対応 〇(すべての講座がオンラインで完結)
 

UZUZ COLLEGE

エージェントのココがおすすめ
  • 他のITエンジニアスクールと比べて、圧倒的な講座内容、サポート体制、そして料金が安い
  • 専任の講師がつくから、勉強でつまづかない
  • すべての講座がオンラインで完結
  • YouTube上でNo.1の再生数&高評価率98.2%を誇るCCNA学習動画を公開
  • 20代の就職/転職サポート実績は18,000人以上
  • 希望する方には学習と並行して無料で就職/転職サポートも。求職者には「誠実」対応
  • インフラエンジニア(ネットワーク系)の方がプログラマーよりも未経験者求人が多い

UZUZ COLLEGE CCNAコースについてもう少し詳しく

UZUZ COLLEGE CCNAコースとは

20代向け就業サポートを行っている株式会社UZUZが運営している UZUZ COLLEGE(ウズウズカレッジ)のCCNAコース。そのCCNAコースとは、インフラエンジニアを目指す求職者にとって登竜門的資格である「CCNA」を取得するためのITスクールです。

未経験者でも1ヶ月(最大3ヶ月)の学習支援を通じてCCNA取得、その後の就職(転職)を目指します。また、受講者が希望をすれば、無料で求人紹介や面接サポートなども行ってくれます。

「ココがおすすめ」の詳しい説明
他のITエンジニアスクールと比べて、圧倒的な講座内容、サポート体制、そして料金が安い専任の講師がつくから、勉強で躓かないすべての講座がオンラインで完結YouTube上でNo.1の再生数&高評価率98.2%を誇るCCNA学習動画を公開20代の就職サポート実績は18,000人以上希望する方には学習と並行して無料で就職/転職サポートも。求職者には「誠実」対応インフラエンジニア(ネットワーク系)の方がプログラマーよりも未経験者求人が多い

講座内容の濃い、サポートもしっかりしているITエンジニアスクールというと、50万円、60万円以上かかるというのが相場です。

そんな中、ウズウズカレッジでは1ヵ月~3ヵ月の密度の高いエンジニア学習が、20万円という破格の料金で受講することができます。

料金が安いとなると逆に不安になる方もいるかもしれませんが、ウズウズカレッジでは企業努力により、この料金設定で本格的な学習を可能としています。

1ヶ月という短期間で、未経験からITエンジニアを目指す、まさに人生を変えるための学習期間です。

CCNA保有、自身も学習塾を経営している「教育のプロ講師」が学習をサポートします。

学習ペースに付いてこれない受講生を出さないためにも、専任講師がしっかりと学習をサポートすることで、勉強のつまづきを回避します。

わからないことがあれば、回数制限なしで質問も可能です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、教室での対面受講に不安を感じる受講生もいるため、全ての講座受講がオンラインで完結できるようになっています。

そのため、お住まいの地域に関わらず、受講することが可能です。

UZUZ就活チャンネルはチャンネル登録者数2万人超え、無料で学習コンテンツの一部を公開しています。CCNA取得のための学習動画では、動画品質の高さから高評価を獲得しています。

本コースではYouTubeでは公開していないカリキュラムもあり、1ヶ月でCCNA取得を目指すことができます。 

株式会社UZUZは、創業以来、20代の若者向けの就職支援サービスを提供しています。

そのため、ITスキルだけでなく、就職支援でもプロのキャリアアドバイザーが万全のサポートを行います。

株式会社UZUZは、学習と就職はセットであるべきだという考えを持っています。

そのため、未経験からITエンジニアになることが難しい方には、無料面談時に正直にその旨をお伝えするようにしています。

「とにかくスクールに入校して、お金さえ払ってくれれば良い」というスタンスではなく、希望や適性に合わせて、IT学習を支援しています。

また、受講者が希望をすれば、学習と並行して無料で求人紹介や面接サポートなども行ってくれます。

コロナショックの影響もあり、未経験採用のニーズは冷え込んでいます。

そんな状況下でも採用ニーズが高いのがITインフラ領域(インフラエンジニア)です。

景気に関わらず、データ通信量は増えており、問題なくWEBサービスが利用できるようなITインフラ環境を保つ重要性は高まっています。

★★あとで確認★★都道府県別の既卒エージェント